九州ひぜん信用金庫(旧西九州信用金庫)の預金口座の相続手続き

金融機関の口座は、九州ひぜん信用金庫(旧西九州信用金庫)に限らず、預金者がお亡くなりになると凍結されます。

被相続人(亡くなった方)が九州ひぜん信用金庫の預金口座を持っていた場合、九州ひぜん信用金庫の支店にて相続の手続きを行う必要があります。

相続の手続きには提出書類が多く、またその収集や作成には法的な知識も必要になりますので、お困りの方は当事務所までお気軽にご相談ください。

地域社会繁栄への奉仕をモットーとする金融機関である九州ひぜん信用金庫は、長崎県や佐賀県を中心に10店舗以上の支店や出張所があり、佐賀県の多くの方々が口座をお持ちです。

そのため、被相続人が九州ひぜん信用金庫の口座を持っていたか分からない場合でも、支店の窓口で口座の有無を調査してもらったほうが良いでしょう。

九州ひぜん信用金庫の預金の相続手続きの流れ

1.支店での相続手続きの依頼

個人の預金口座がある支店の店頭にて、相続が発生した旨を伝えます。

2.必要書類の収集を行います。

九州ひぜん信用金庫の預金の相続手続きでは、主には次の書類が必要となります。

・お申込み・相続手続き依頼書(相続人全員の署名・実印で押印)
・遺産分割協議書や遺言書などの原本
・被相続人の出生から死亡まで全ての戸籍
・相続人全員の現在の戸籍
・相続人全員の印鑑証明書(3か月以内)
・被相続人の預金通帳とキャッシュカード
・相続人手続きを行う者の免許証などの本人確認書類

※戸籍の収集や遺産分割協議書の作成は膨大な時間が掛かるうえに、難しい専門知識も必要ですので、お気軽に当事務所にご相談ください。

3.相続人への払い戻し手続き

必要書類をすべて提出した後、預金の払い戻しを依頼します。
提出書類に問題がなければ数日で払い戻しされます。

なお、九州ひぜん信用金庫に貸金庫を持っている方も多いので、必ず確認をしましょう。

預金口座の相続手続きは当事務所にお任せください。

当事務所では、相続した銀行口座の手続きの代行サービスを承っております。
預金口座の相続手続きは、必要書類の作成や収集に膨大な時間がかかるだけでなく、専門的な知識が必要であり、一般の方には大変な作業です。

また、金融機関ごとに手続きが必要となるため、複数の金融機関の口座を被相続人がお持ちの場合はそれぞれの金融機関での手続きが必要になり、膨大な手間と時間が掛かります。

当事務所にご依頼いただければ、相続人様に代わって戸籍や遺産分割協議書などの必要書類の収集・作成はもちろん、相続の専門家が各金融機関へ訪問して手続きを行いますので、ご自宅にいながら相続人様は手続きを行うことが可能です。

まずは無料でご相談を承ります。

お気軽にご相談ください。

 

相続・遺言無料相談受付中!0956-22-8943
PAGETOP